降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

青い青いリンゴが赤く赤く ♪

色づいたのは
あなたの矢が刺さったせいよ
・・・・・・・
いとしのロビンフッド様 私のロビンフッド様
どこを旅しているのです♪

「いとしのロビンフッド様」 榊原郁恵


スタ誕出身者ではないが、スタ誕の雰囲気をもったホリプロのスカウトキャラバン出身だ
明るい性格の良さはいうまでもないが、ヒット曲にはあまり恵まれなかった
しかし この歌は数年前の麻丘めぐみ「アルプスの少女」のメロディラインを彷彿させる佳曲だ

スカウトというと今年も就活のシーズンになるが昨年同様、極めて深刻な就職難になっている
会社の人事担当にきくと就職内定の多くはコネである、人を短時間で優劣つけるのは難しい
少しの差ならコネが勝るのは当然・・会社のメリットからみて残念だが実情だ
女子学生など殆どは面接にさえ参加できない、書類審査で70%アウト! スター誕生より厳しい!

昔、スター誕生終了に際して 阿久悠さんが次のような手記を寄せてる

【700人もの少女が群がる中で、何もしないのに目立つ子を発見することがある。個性というほど人工的でもなく、かといって何ら主張もしていないのに、キラキラと光って見えるのである。ポンとその子だけが浮き出している。

また平凡に思えた子が、驚異の変態を見せて鮮やかな個性を身につけていく過程を見たことがある。それこそ、サナギが蝶になるほどの唐突さ、不可思議さでだ。

あるいは、時代の勢いを孫悟空の雲にして、超速で天空を翔んだ子も見た。余りにも、その雲は高く速く、本人たちには下界の景色は見えなかったかもしれない。

逆に発見した時がその子にとって、最も美しく最も勢いがあり、最も魅力的であったというケースがいくつかあった。
ぼくらは発見時をあくまでも未知への出発点と思い、この上に技術が身につき、個性の変態が見られたら、どのようなスターになるであろうかと大いなる期待を抱いたが、二度とその時ほど魅力的に見えることはなかった。】

それぞれ誰を指してるかファンならすぐわかりますが、会社の人事担当者も同じ思いを持ってるのでしょうね
アイドルと同じく、その人のもってる外観、声の印象、雰囲気が80%を決めるといっても過言じゃない
面接での発言内容、提出論文の内容などは決め手にならないのです(本当です)
[PR]
by shige_8mile | 2010-04-13 01:11 | 歌謡曲