降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

坂道を下って走り寄る君がいた ♪

明け方に見た夢に笑顔の君がいた ♪
・・・・
季節の変わる気配に振り返ってみたけれど~ ♪
白い陽射しがまぶしすぎて もう君を探せない
もう君を探せない
「陽射しの中で」 布施 明

f0013870_0224818.jpg


70年代後半の曲、彼の中ではマイナーかもしれない
私はこのB面の「僕の心は風に舞う」も好きだ
布施 明さんは余談だが、関根恵子さんと同じ中学だったと昔の平凡で対談があった、(勿論、世代は全然違うが)

布施明は60年代からナベプロでは無冠の帝王と言われていたが、75年にやっと「シクラメンのほり」でレコード大賞受賞!
しかし あくまで個人的な好みですが、「シクラメンのかほり」と次の「傾いた道標」は彼の曲の中で一番聞きたくないワースト1,2曲、理由は好みの問題

この「陽射しの中で」の歌詞で「まぶしくて~」の「ぶ」を前に出す感じのファルセットで歌うと気持ちいいです
これは布施さんの「そっとおやすみ」と一緒ですねえ
[PR]
by shige_8mile | 2007-11-10 00:24 | 歌謡曲