降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

君は早起きしたのがさも得意そうに♪

ねぼけ眼の僕を朝食においたて ♪
ねえ 巨人がまた 負けたってさって
高田の背番号も知らないくせに 
・・・・・
「朝刊」 グレープ


さだまさしの歌は「関白宣言」とかいろいろあるけれど彼の主張が香っていて
どうしても歌う気になれないし好きになれない

しかし グレープの歌は好きでいつも想い出に残ってる
この歌は さだまさしの作詞作曲
リリースしたのは、V9を達成した巨人の長嶋が引退し、翌年監督になった年、
歌詞にもあるように連戦連敗で全球団に負け越し、巨人が初めて「最下位」になった1975年だ

爽やかな感じで新妻の雰囲気がよく出ている
確かこの曲の翌年、グレープは解散する 
B面の「シンフォニー(交響曲)」もいい歌だが、「故郷に帰ろう・・」とか解散を意味するような哀愁ある歌詞が出てくる
「朝刊」は「精霊ながし」のヒットした翌年 グレープの活動期間はわずか2年半だった

ちなみに今はヤクルトの監督してる高田繁さん
当時の背番号は誰もが知っていた・・「8」 エイトマンである
彼は大阪の浪商高校出身で怪童といわれた尾崎行雄を擁して夏の甲子園決勝にて我が母校と対戦している
[PR]
by shige_8mile | 2008-12-06 04:08 | 歌謡曲