降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:芝居( 9 )

ワークショップ

演劇も運動と同じく日ごろ練習していないと切れが悪い
先週「きだつよしさん」のワークショップに初めて参加
演劇の練習というより、「リラックスとコミュニケーション」が主テーマでゲームや台本を通してそれらを意識できるようにされていた・・・・しかし終るのが夜10時過ぎ、殆ど毎日飲んで午前様でタクシー帰りとなっていた
きださんはアルコールは飲まないのに話は途切れない・・これは流石だ
一切飲まない演劇人に初めて会った(笑)
http://kidablog.jugem.jp/

今回は若い人ばかり、中には17歳の女子高生までいたが、すごく頑張っていて刺激うけた
やはり若いことはそれだけで存在価値ある

朝方のTVをつけると「高校野球」か「酒井さんの記事」ばかり
サンミュージックは相変わらずだ、かつて曝露本をだしたダン池田さんでさえ「サンミュ・・」は家族的ないい事務所とかいてあった、しかし、マスコミへの圧力が弱い
[PR]
by shige_8mile | 2009-08-26 00:08 | 芝居

池袋の桜

日曜は桜がきれいであちこちで花見だった
f0013870_0574511.jpg

友人が出るので池袋公会堂の芝居をみてきた
いつも観る前は、期待していないのに見終わると「案外良かったなあ」というのが常だ
今回も若い人が元気で結構楽しかった
舞台の演者がダンサーもいれて総勢80名!
演技そのものは出演者によって稚拙なところもあったが、若手の魅力がそれをカバーしてた
舞台が終った後も 若い演技者は会場の外で交通整理や清掃も手伝っていた
まあ 観て楽しく、元気をもらえば それは成功と思う
f0013870_0582126.jpg

f0013870_0585171.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2009-04-07 01:01 | 芝居
「拙者親方と申すは、お立会いも内に、ご存知のお方もござりましょうが、お江戸を発って二十里上方、相州小田原一色町をお過ぎなされて、・・・」
で始まる業界では超有名な一節があります

享保3年に歌舞伎役者 2代目市川団十郎が朗々と弁じたといわれています
外郎(ういろう)とは漢方薬(痰きり、喉や胃腸)です

この一節はスピーチ教室などで 滑舌練習によく使われるので、アナウンサーや舞台役者で知らない人はいないでしょう。 
ハイスピードで話しても5分はかかります。 
私も昔、練習しましたが、特に後半の早口を一気に滑らずに話すのには平均2~3ヶ月の練習を要するでしょう。
今朝箱根に行ったときに実際、小田原の箱根口に店がありましたので土産に外郎を買いました
(これはこの店で対面販売でしか手に入りません)
しかし、スゴイ雨でした

f0013870_229611.jpgf0013870_2292977.jpg


http://www.uirou.co.jp/
http://uiroukoujoutaikai.la.coocan.jp/
[PR]
by shige_8mile | 2006-07-02 23:40 | 芝居

楽日が終って

阿佐ヶ谷での舞台おわりました
今回は難しいテーマだったので心配もありましたが、役者はタンタンと役をこなしていきます。
5回公演しましたが、全て違ってました・・・まあ当たり前か
役者はいかにその人間になりきるかが大事であり、台詞はそのときの感情の盛り上がりで変わることもあります。 しかし毎日反省会でした。

照明・音響・大道具さんはやはりプロでした
直前に一度稽古をみに来ただけで選曲、効果音、照明すべてOK

最後は皆でバラシですが、ザムザ阿佐ヶ谷は本当に雰囲気のあるところでした。
http://www.laputa-jp.com/zamza/main/

また今回いろいろ勉強させていただきました。 
忙しいのに観に来て頂いた方々、共演者、演出、スタッフの方々
ただただ感謝感謝・・・です

始発まで打上げした後、出演者はわずかな興奮を残しつつそれぞれの職場に向かいました

f0013870_23184233.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-05-29 23:20 | 芝居

芝居やります

昨年11月以来ですが、また芝居やります
というか ワークショップで知合った演出の方に誘われての客演です
内容は・・・今回の私の役は・・・・ 期待しないでください

まあ 舞台は出来上がるまでの過程が本番以上に楽しい?ものですが、仕事をこなしながらはやはり限界があります。 
しかし東京乾電池やテアトルエコーといった有名劇団の方々はやはり上手く、恐れ入りましたって感じです。

「アメリカ売村」 
5/25  19:00
5/26  19:00
5/27  14:00 19:00
5/28  14:00

場所) ザムザ阿佐ヶ谷(ラピュタ) 阿佐ヶ谷駅からすぐです、
受付で私の名前言って貰うと前売券の金額で入れます、よろしく~
f0013870_1414775.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-05-14 01:44 | 芝居

パンドラの鐘

野田秀樹の脚本で99年に有名になった作品
(天海祐希、富田靖子が出ていた)

昨日、友人の劇団がその舞台をやるというのでいってきた

三鷹の武蔵野芸能劇場
JR三鷹駅のすぐ近くにあり、小さいがいい感じだった

内容は
日本の運命をにぎっている鐘を媒介にして、古代と現代が交錯するものでした、ハンニバル役の彼は練習ではうまくいかなかったようだが、この舞台では雰囲気が良く出ていたと思う、やはり舞台に立つといいよなあ

f0013870_531681.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-02-19 05:40 | 芝居

即興芝居

インプロとも言われる即興劇は
役者の感性を磨く練習としても使われるらしい
(Improvisationを略してインプロ)

台本はない、その場にいる人だけで阿吽の呼吸で役を演じ切る
まさに土壇場勝負、失敗は許されないが、失敗にしないのが即興

以前、映画「バカヤロー2」の監督でもあり、演出家の岩松了さんの即興ワークショップで「煮詰まった親子」というテーマで演技した。 そのとき岩松さんが僕に向かって「君は「シャル ウイ ダンス」の周防正行監督にそっくりだ」
演技とは全く関係ないコメントをくれた
[PR]
by shige_8mile | 2006-01-29 01:22 | 芝居

ジョージア缶コーヒー

TV観てたら ジョージアのCMで島田紳助が出てた
昔の紳助竜助の映像も出てた
私は紳助の話術は認めざるを得ないが、嫌いである

もう25年ほど前に関西TV「もうれつシゴキ教室」の収録
私は空手アクションを教える側のサポートをしていた

生徒は売れない頃の明石家さんまや紳助竜助の若手芸人
この中で私の指示を全く聞かないアホ面してたのは島田紳助だった
(アホではなかったかもしれないが アホにしか見えない態度だった)

一方、しっかり内容をメモして復誦していたのが竜助、彼は女におぼれなけりゃよかったのに・・・・(新助はおぼれようにもモテなかった)

彼らは東京に出て関西の縦社会から開放され、自由にやれたんだと思う
悪口言っても彼らの頑張りを観てると自分もやらにゃあ と思い励みになってるのは事実だ、くそー 負けねえぞ 


ところで ジョージア缶コーヒーは何故「ジョージア」か?

⇒ 販売元のコカコーラのUSA本社がジョージア州アトランタだから・・・と思う
  コカコーラ瓶のあの緑色をガラス業界では「ジョージアグリーン」と呼ぶ

また アメリカでは缶コーヒーはない・・・
というか最近では台湾、韓国にはあるが、コーヒーを缶に詰めてアイスコーヒーを呑むのは世界中で日本しかなかった
[PR]
by shige_8mile | 2006-01-15 21:52 | 芝居

燃えよドラゴン

今も趣味で芝居してますが、
18~19歳のころはアクションが好きでJACにいた友人と
DAC(Dragon action club)を結成しました
その彼は村山俊二といって今もラストサムライに出たり役者やってます
当時 香港までいって現地の雑誌で日本のB.Leeと紹介されました
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1696/bruce/cb.html


私の初舞台は(今は名前がリーガになりましたが)京都グランドホテル

ディナーショーのメイン江利チエミさんの前座です
とにかく必死でした、今なら出来ないことも若い頃は出来てたんですね
不思議です

江利チエミさんは実物は本当に小柄でサングラスされると近くにおられても
全くわかりませんでした。

3人娘(美空、江利、雪村)はみんな映画やTVでみるイメージより小柄です。
でも その中でも明るく庶民的な江利さんに一番好感もっていました。

晩年は残念でしたが、昭和43年頃に出た最後のヒット曲
「ひとり泣く夜のワルツ」は記憶に残ってます
[PR]
by shige_8mile | 2005-12-15 23:54 | 芝居