「ほっ」と。キャンペーン

降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

話し方教室

東京には「話し方教室」とか「スピーチセミナー」とかが多いです。
関西や他の地方にもあると思いますが、標準語以外の「話し方教室」にはやはり人は集まらないのだと思います。 大阪にも40年以上の歴史もつ教室がありますが、やはりそのルーツは東京でした。
しかも 飯田橋界隈がさらにルーツだそうです。 50年近く教室をされてた江川先生や永崎先生もここで勉強されたと聞いたことがあります。
さらに ルーツを辿るとやはり 「人を動かす」のデールカーネギー(アメリカ)になりそうです。とにかくすごい本です。 数百回の増刷を繰り返してる世紀をまたがる超ベストセラー。

70年代に全盛だった自己啓発ブームもそのアメリカがルーツです。
多くの自己啓発セミナーは3ステップからなっています。
先ず自分自身に気づくことから始まり、同じセミナーの人同志それを共有して発展させる。 最終ステップが他の人にそのセミナーの良さを訴えてセミナーに参加させるというもの。

「話し方教室」とは結局「自己啓発」なのです、いかに流暢な話し方でも聞く人の心をうつのは話す人の人間性、その人の魅力だからです。

90年代のオーム等の宗教事件以来、「自己啓発」とかいう表現は少なくなりましたが、優秀な人間ほど壁にぶち当たると 何故だろうと考え、論理を超えた宗教めいたものに行くのかも知れません。 人の魅力、好みは論理とはまったく違うからです。 
[PR]
by shige_8mile | 2006-03-29 23:29

夜が冷たい新宿の女 ♪

私が男になれたなら 私は女を捨てないわ ♪

「新宿の女」 藤 圭子

「圭子の夢は夜ひらく」の怨み節よりさっぱりしたこちらの方が好き
石坂まさをさんの歌詞も今みると あっ、そういう意味だったんだという感じ

昨日、友人と「新宿ゴールデン街」で朝の始発までハシゴしました
数百件も軒をつらねた店はここ10年でかなり様相を変えたようです
昨年店を始めたという若い兄ちゃんから42年やってるという60過ぎのオバちゃん、韓国人ママの店・・・・ そして独特の2階部屋(昔は青線だったらしい)

60過ぎのオバちゃんは昔のゴールデン街の話をしてくれるので面白かったが
ウイスキー2杯で一人5000円はちと高いかな・・

土地所有者の複雑さと暴力団の介入が原因かもしれないが、新宿コマのある歌舞伎町の華やかさに比べ、ずっと戦後を引きずってきた感のゴールデン街
しかしここにきて世代交代が進んできてるようだ
[PR]
by shige_8mile | 2006-03-26 23:59 | 歌謡曲

TIME SLIP

昔、富士写真フィルムを現像するとネガが百恵さんと奈々さんの袋にはいってました。 76~77年頃のようです、そろそろTIME SLIPして現代に戻ろう

f0013870_2332869.jpgf0013870_23322774.jpg
[PR]
by shige_8mile | 2006-03-24 23:33 | 歌謡曲

推薦盤だよ!歌謡曲

30年程前にラジオ大阪(だったと思う)にあった番組
聞いておられた方も多いと思いますが、実に頭にくる番組でした

当時30歳の上岡龍太郎が進行役でレコード会社の新曲を彼の独断と偏見でこきおろす内容です。スポンサーがない、だから誰にも気兼ねなく勝手に好きなことがいえるというのが彼の口上。 そして 評価のポイントの一つがこの歌手は譜面が読めるかどうか・・・ということ。

だいたい譜面が読める歌手が歌唱力あるいい歌手というのは妄想。
音程がしっかりしてる歌手がいいというのも当てはまらない。
あくまで必要条件の一つだろう

極端すぎますが、淡谷のり子と美空ひばりの違い・・・

歌手の口から出るまでは発声やリズムはあるかもしれないですが、
評価は聴く側が決めるものでいくら素晴らしい歌唱でも評価は聴く側が決める
唄はあくまで聴く側の心で決まるもの、上手いか下手ではなく良いか悪いか。
まあ これは歌だけでなく話し方に共通して言えることです。
[PR]
by shige_8mile | 2006-03-24 21:01 | 歌謡曲
f0013870_2584346.jpg今ね 靴下なおしてるの ♪

「ふりむかないで」 ザ・ピーナッツ

作曲は勿論 宮川泰さん
なくなられましたが、60~70年代に渡辺プロの歌手に多くの名曲をつくりました
「ウナ・セラ・ディ東京」なんかもまさにモダンな歌謡曲と言う感じです

ただ私は園まりさんの曲が忘れがたいです

愛した人はあなただけ わかっているのに ♪
心の糸が結べない 二人は恋人 ♪

「逢いたくて 逢いたくて」 園まり

いいですねえ
彼女は当時20代前半、若い男性に圧倒的支持されていた
独身を通されて「ゴムまり」のようにフックラ?された61歳になられていますが、
当時は可愛かったです。
彼女の歌はほとんど唄えます 笑
f0013870_2434025.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-03-24 02:46 | 歌謡曲
涙は大切に 大切にしてね ♪
いつか 本気で流すときまで ♪

「涙はたいせつに」 桜田淳子

ファンの方はよく知ってるこの曲
淳子さん本人も好んでコンサートのナンバーにいれてました
いい歌詞ですね

泣いたらだめよ・・といいながら本当に涙もろい淳子さんでしたが・・・

平成の頃の淳子さんドラマを観て歌手時代をふっと思い出してました
淳子さんは悲しい表情より笑顔がいいです

f0013870_195811.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-03-24 01:10 | 淳子さん
愛のかたみをみんな埋めて 泣いたの一人きりで ♪

「砂に消えた涙」 弘田三枝子

昨夜、新橋近くの飲み屋「TIME SLIP」で
このクラシカルな曲を唄ってしまいました。
店の雰囲気は映画「カサブランカ」調
60歳のマスターの趣味らしいが、悪くなかった。 また午前さまです。

カラオケではなくピアノ演奏、選曲リストには60年代の唄ばかり
取り合えず好きだったこの曲を選んだ

昔、ポッチャリした弘田三枝子がTVで唄ってたのを記憶している
不思議なもので忘れていない

今はスキマスイッチなどの好きな曲があっても唄えない・・・

f0013870_1940414.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-03-23 19:21 | 歌謡曲
あなたの傷ついた心の窓は閉めないで ♪

「さすらいの天使」 いしだあゆみ

大阪出身で70年代に多くの佳曲を唄っていた
68年に「ブルーライトヨコハマ」がヒットするまでは3人娘の陰に隠れて
単なるかわいい女の子という感じだったが、
いちやくナベプロのレギュラーで2番バッターとなる
筒美京平の曲もよかった

何かが起こる 哀しみの後で 幸せへと続く何かが ♪

「家路」なんかもマイナーで好きでしたが
80年代以降は女優さんというイメージだったなあ

f0013870_1857397.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-03-23 05:47 | 歌謡曲

西田佐知子さん

といえば
ポリドールレコードの大人の美人歌手という感じでした
関口宏よりも年上?だっとと思う

マイナーなところで好きなのは

「信じていたい」 
信じていたいあなたの言葉 ♪
信じていたい ただそれだけよ ♪

「くれないホテル」
あなた知ってる くれないホテル ♪
あ~ くれないくれない 誰が名づけた くれないホテル ♪

f0013870_6235328.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-03-22 01:05 | 歌謡曲

赤坂の夜は更けて

夜霧が流れる一ツ木あたり ♪
冷たくかすんだ 街の灯よ
虚ろなる心に たえずして
涙ぐみひそかに 酔う酒よ ♪

「赤坂の夜は更けて」 西田佐知子

昨夜は以前から飲みたかった人と赤坂で話ができた
丁度一ツ木辺りでした

赤坂見附は永田町からすぐで料亭は政治家の密談場でした
歴史は夜作られる・・・
[PR]
by shige_8mile | 2006-03-20 02:13 | 歌謡曲