「ほっ」と。キャンペーン

降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夕張の夜は更けて

夕張市に行ってきました
前から一度行きたかった街です

マスコミで騒がれてるように自己再生を諦めて街が落ち込んでるんじゃないだろうか、 故中田市長が頑張った映画祭の街はどうなったのか・・・・すごく関心があった
http://www.sapporobb.com/hensyu/bn/yubari2003/yubari03_01.html
また92年の国際映画祭には淳子さんも招かれてるとくれば行かざるを得ない
http://www.yubarifanta.com/index_pc.php?ct=archive.php&langue=21010

しかし 途中に新しい「新夕張」駅に着いたときにびっくり
まだ19時というのに駅員の姿なし、店は閉店、タクシーもなし・・次の「夕張」往き電車まで2時間待ち・・ 道路沿いのラーメン屋まで歩いてタクシー呼んで貰い、4千円で交渉して乗せて貰った
タクシーの運転手と話すると映画祭では「桃井かおり」を乗せたよと言ってた
しかし有名人は札幌で泊まることが多く夕張には泊まらないらしい

映画祭の会場のひとつだったホテル「シューパロ」に着く
ここは桜田淳子さんの本館サイトでDrさんも泊まられたとありました
f0013870_2311375.jpg


私は旅では地元の居酒屋かスナックにいきます
ホテルの裏手にはやや寂れてましたがスナックがならんでいた
結果的には5軒ハシゴして、もうこの界隈では「業界の人」になりました
最後の店では地元出身の「リリーズ」の話をもっとしてと頼まれ コマッタ

嬉しかったのはDrさんが行かれたスナックかどうか分かりませんが、私が飲んでると「以前、結婚前の桜田淳子も来たんだよ」とマスターがポツリ
ここにスタッフらと座ってたんだ とソファーを指差した(写真)
f0013870_23214550.jpg


淳子さんがせっかく笑顔を作ってくれたのに「ポラロイド」で何度も撮ろうとしても上手くいかず、有名人なら怒り出すのに 皆の前で3曲も歌ってくれた(他人の曲だったらしい)とのこと
TVでは派手な印象だったが、素顔は本当に真面目でいい女の子だった
マスターの話を聞いてると嬉しくなって松山千春を歌った

別の店では「この前に哀川翔が来たよ」といわれた
「このステージで歌ってたよ」とそのときの写真を見せて貰った
f0013870_2328398.jpg

私の写真もとってくれた、良く撮れてたので嬉しくなり、サザン「太陽は罪な奴」を歌った、結構皆乗ってくれてうれしかった

「幸せの黄色いハンカチ」のロケ現場も近くにあり、淳子さんの話とあわせて
また 来たくなった 夕張の皆さん頑張ってください 応援してます
[PR]
by shige_8mile | 2006-06-30 13:42 | 淳子さん
この胸の熱い思い誰も知らない
愛の応えを待ってるときの ♪
あなたはうつむいて ♪
・・・・・・
どんな応えになるのか ♪
  「僕の一番長い日」 草刈正雄

草刈正雄の唄はこれが一番印象に残ってるなあ
背が高くてGパンの似合うモデルさんだったね

「病院坂の首くくりの家」で淳子さんとも共演したよなあ
この唄はそれより少し前だけど70年代半ばかな
[PR]
by shige_8mile | 2006-06-23 23:27 | 歌謡曲

人間は一人の方がいい

失う悲しみに 泣かなくてすむから ♪

「人間は一人の方がいい」 森田公一

70年代に天地真理さん、アグネスチャンさん、桜田淳子さんの一連のヒット曲を手がけた森田公一さんが自らレコーディングした

確か この曲は「下宿屋」 とよくカップリングされてたと思います

「下宿屋」 森田公一

窓に腰掛け あの人は 暮れてゆく空 見つめつつ ♪
・・・・
だらだら坂の てっぺんの あの下宿屋の想い出は ♪

森田公一さん自らの「青春時代」を唄ってるかのような歌詞です

下宿屋なんて80年には死語でしたねえ
今思うと、私が田舎から出てきて初めて下宿したときは クーラー、冷蔵庫を持ってた学生は少なかったです(びっくり)、 私は、ウィンドファン、ミニ冷蔵庫を持ってました。 
おかげで、下宿仲間の羨望の的で、私の部屋にタムロされて寝る時間なかったのが苦痛でした (笑)
[PR]
by shige_8mile | 2006-06-20 02:57 | 歌謡曲
そういや むかーし
大阪の藤井寺の淳子さんのショーに出てました
同じ事務所だったんですね

神戸のショーでは野村正樹さんがゲストででてました

f0013870_7162679.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-06-16 23:27 | 歌謡曲

リンリン・ランラン

仕事帰りに ふと 口からでた唄があった

70年代半ばで都倉俊一作曲 (に違いない、曲調がピンクと百恵に似てる)
でリンリンランランが唄ってた曲・・・・タイトルが思い出せない・・

「雨、雨降れ 雨、雨降れ あなたがどこにも行かないように
晴れたら もう 知らないから 恨んであげる ♪

不意のにわか雨 あなたは困った顔で 空を見上げる 私は嬉しいの
止むまで帰らずいてね 無理して帰っちゃ いやよ 
チャンスの雨だと 思うのよ ♪」


勿論 シングルカットされた曲ですが、
私のような歌謡曲オタクオヤジしか覚えてないと思う 涙

リンリン・ランランは淳子さんの妹分としてよく同じコンサートに出たり、
NTV「スター誕生」にゲスト出演したりしていた

また 私の下手な撮影を1枚 (手前右の後頭は阿久悠さん)
ステージ左から 欽ちゃん、麻丘めぐみさん、スタ誕優勝者、八代亜紀さん、山本明さん、リンリンランラン、アシスタントの井上れい子さん

f0013870_22211483.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-06-14 22:25 | スター誕生

ローランギャロ

全仏オープンテニスが決勝をむかえてる
グランドスラム大会でもこの全仏だけは特殊だ
なんせ アンツーカー(土のコート)

全米、全豪(ハード)、全英(芝)とは違ってボールが滑らず、スピードも落ちるのでビッグサーバー(サーブの強力な選手)が勝てない

かつて70後半~80年代のスーパープレーヤーだった マッケンロー、エドバーグ、ベッカーという サーブ アンド ボレーヤーが全く勝てなかった
(マックやエドバーグは決勝までいったがレンドル、マイケルチャンにフルセットで敗れた)

一方、ボルグ、ビランデル、クーリエ、アガシといったグラウンドストローカーの天下だ、 この大会をみてストロークが良くわかった 
あんなに思いっきり振ってもトップスピンであればコートでラインアウトせずに天井くらいまで跳ねるんだ、テニスがまたしたいなあ
[PR]
by shige_8mile | 2006-06-10 05:17 | スポーツ

駄菓子バー アゲイン

また 駄菓子バー
チキンラーメンが¥500 ちょっと高いと思ったけど美味かった
クリケット(前田製菓)は食べ放題
他にも給食「揚げパン」¥200

BGMが心地よい 「天馬ルミ子」「相本久美子」「イルカ」「石橋正次」・・・
イントロで曲名が判ってしまう自分が、おそろしい
この情熱を違うところに使っていれば・・・

そう思ってると淳子さんの「追いかけてヨコハマ」♪
ああ シアワセ 

若い店員にウィスキー飲みながら「トリス」と「角」の格の違いを説いてしまった
店員は「知らなかったです、勉強になりました」
なんか ヘンなオヤジになった気分だ

f0013870_22163823.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-06-08 22:17 | ちょいと一杯

泣きながら恋をした頃

哀しい恋 切ない恋 だけど本当の恋だったよ ♪
いつまでも 思い出すあの頃のことを 泣きながら恋をしたなつかしいあの頃を ♪

今はホリプロのスカウト部長?の 守屋 浩さんの曲です
彼は「僕は泣いちっち」とか唄ってたアイドル的存在でした

今では短足の部類ですが、当時の平凡には「股下79cmの抜群のスタイル」とかありました

当時人気女優の本間千代子さんと結婚したと記憶してますが・・・
当時の歌手は皆背が低かった、まあ 男子平均身長が164cmの時代でした
[PR]
by shige_8mile | 2006-06-04 23:20 | 歌謡曲

駄菓子バー

日本橋の駄菓子バーに行ったが、そこは70年代歌謡曲BGMだった
非常に心地よい気分でサケが飲めた しかも安い
駄菓子は食べ放題

驚くことは客は若い人ばかり、しかも女性が多い
30そこそこ(にみえる)店長にきくと 最初は80年代の曲を流したが、今ひとつだったそうだ、これが70年代の曲にすると盛り上がったそうである
この頃の曲は完成度が高いそうだ、確かに歌謡曲という分野は80年代に希薄になった

そういってると淳子さんの「ゆれてる私」が流れる
「もう一杯デンキブランをダブルで~!」と注文 また夜更かし・・・

f0013870_1143163.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2006-06-04 11:38 | ちょいと一杯

僕についておいで

いつも二人で 歩くこの道 ♪
君の 笑顔が やさしく 月に照らされ僕に微笑む 応えてあげよう♪
・・・・・・
君だけでいい この僕についておいでよ ♪

黒沢年男の初期の歌です(デビュー曲に近い??)
昔、ラジオで聞いて好きになり、すぐ全曲覚えてしまった
本当に歌が好きだった

黒沢年男は東宝の俳優で酒井和歌子との共演が多かったが、
ワコちゃん(酒井和歌子)も男性の噂をきかなかった
ちょっと淳子さんに似てると思います
[PR]
by shige_8mile | 2006-06-02 20:30 | 歌謡曲