降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー

<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

哀しい恋はじめるならば
両国橋はいけないわ~♪
次の人も同じような 定めになる気がする ♪
次の人も同じようなあ~定めになる気がするの ♪

「両国橋」(松平純子)


1975年の曲
桜田淳子さんと同じ時代の純子さんでした

両国橋歩いてるとこの曲が口からでた
この曲は吉田拓郎と喜多条忠という名コンビのものだったのも印象深い


f0013870_23441332.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-06-29 23:45 | 歌謡曲

雨が木の葉を濡らす ♪

とても冷たい朝
僕は一人でぬれながら 何故か寒さを忘れ
時が過ぎた事を思い出しても何故か
楽しい日を思い出すだけ
全てを賭け愛し合った~ ♪
僕の心に君が残した 幸せと涙のあとを
いつまでも大切に残したい ♪

「???」 (田中 健)

歌詞は正確じゃないがこんな内容だったと思う
タイトルは知らない 歌ってるのは 間違いなく
「白い少女」で淳子さんの相手役だった田中健さん
(「純愛時代」でデビューしたときは「あおい健」でした)

77年~79年頃と思う
ラジオから流れてて覚えてしまった
当時からタイトルは知らなかった
[PR]
by shige_8mile | 2007-06-27 21:45 | 歌謡曲
ゆらり揺れてゆくのよ
遠い島へ連れてって 
あなたの知らない小さな島へ ♪

「恋は波まかせ」(千葉マリヤ)


71~72年ころに出たと思う、千葉紘子(折鶴)とかもあったような・・
しかし千葉マリヤはこのハッピーな雰囲気の曲が一番いい!

f0013870_2343560.gif


この翌年に淳子さんがマスコミに登場する
[PR]
by shige_8mile | 2007-06-27 02:35 | 歌謡曲
素敵な 私の夜の訪問者

「夜の訪問者」(小川順子)


ジュンコといえば、淳子さんと同時代に小川順子さんがいた
この歌はよく深夜ラジオできいた
f0013870_1321223.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-06-27 01:32 | 歌謡曲

いつも心に太陽を

70年代末期に出た曲と思う
「汗を流した後の~♪」 (郷ひろみ)

郷ひろみの歌の中では個人的ですが、ベスト5に入ります
しかし 今聴けないんです、どこにもない(涙)

TVでも「夜ヒット」で一度か二度聞いただけ、彼の中ではメジャーじゃなかった
彼のこのような「さわやか系」の曲はいいんだけどなあ

「お嫁サンバ」とか「よろしく哀愁」は代表曲だけど受け入れられない

シングルカットされた中では
「寒い夜明け」
「花のように鳥のように」
「花とみつばち」
「ハリウッドスキャンダル」
が好きだ!
[PR]
by shige_8mile | 2007-06-25 23:02 | 歌謡曲

駄菓子バー

東京の「水天宮」にまた「駄菓子バー」が開店
カウンター越しに店員と客が話しあう「人形町」の駄菓子バーとは違うが、いい雰囲気だ
気がつくと先週3回いっていた、なんか落ち着くんだ
やはり70年代歌謡曲が心地いい
先日、カウンターの客と「浜省」の話題で盛り上がった、その彼は本当によく知っていた、私が「愛奴」の話をすると「二人の夏は~♪」と歌いだす
キレイな女性をつれた40代とおぼしき紳士、なかなかつわものでした。

f0013870_23481751.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-06-24 23:51 | ちょいと一杯
だから一人でも淋しくない
若いってすばらしい ♪

あなたに声をかけたら 歌声が聞こえてくる
だから涙さえすぐに乾く
若いって素晴らしい ♪


「若いって素晴らしい」 (槙みちる)

60年代のヒット曲 もちろんナベプロです

今の20~30代の人でもネットやレンタルCDの影響か70年代のヒット曲をよく知ってたりする、歌謡曲バーなんかいくと驚かされる

しかし そういう小生も60年代の歌をよく知ってるのは、子供の頃から家でラジオはつけっぱなしだったせいだろうか
[PR]
by shige_8mile | 2007-06-20 23:45 | 歌謡曲

歌謡曲バー

前にも書いた記憶ありますが、恵比寿の歌謡曲バー「X+Y」
昨日、ふらっと寄ってみた
結構女性客も多く、ミラーボールも悪くないのですが、オーナーが代わったのか
普通のバーになりつつあるという感じだった
まあ 2~4人でくるにはいいんじゃないかな
http://www.shibukei.com/headline/1788/
http://www.xplusy.jp/cd02/


ただ歌謡曲ファンとしては不満!
なぜか? カウンターの女性が70年代の歌を知らない

私「ここは有線じゃないみたいだけど」
店「パソコンには5000曲くらい登録されていてリクエストも受け付けます」
私「曲の年代は」
店「60年代後半から80年代初期 聖子ちゃんが最後くらい」

私「ふーん (周りの年配の女性客層をみて) じゃこれお願いします」
私はコースターに3曲書きました
「ポーリュシカポーレ」「恋の十字路」「戦士の休息」

店「(しばらく探して)すみません ありません」
私「何? これがないの? このメジャーな曲が!(半分驚き)」

店「すみません、 2曲目は「愛の十字架」の間違いじゃないですよね?」
私「(あきれて)全く違います、とても5000曲あるとは思えない」
ちょっと 嫌味な言い方になってしまった(反省)
最近 ネガティブを反省する毎日です
f0013870_22551296.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-06-18 22:59 | 歌謡曲

No Vacation

昔、NOVAに通ってた時に英会話担当の先生がジョークで言った言葉
今回のは見せしめ効果をねらった摘発だろうと思う
(確かに事実なんでしょうが、もっと悪質な会社はたくさんあるので)

確かに「入会金は今なら無料キャンペーン期間中」というのは、実はいつでも交渉次第という大阪企業らしいところは間違いない。 

しかし それまで通っていたベルリッツが1時間5千円以上というマッサージ並の法外な値段であったのにNOVAは2千円弱、質的なものもあるが、或る程度話せる勇気あればNOVAの環境は良かった。 2千円のVOICEチケットで1日中NOVAにいても良かった
バブル80年後半~90年初期でしたが、おにぎりもってきていた(持込禁止だったが)学生もいた。

これも後に禁止になったらしいが、大阪天王寺校ではレッスン終わったあとボーリング、居酒屋で飲み会、カラオケと学外活動も盛んで楽しかった。

最近は講師の数が少なくなったのかもしれないが、これは店舗を広げ過ぎだ。
私が入った頃は心斎橋アメリカ村に「実験校」があった、この経営がうまくいくかどうか試していたのだと思う。 とにかく都心校と郊外校では予約の出来る確率は当時から違った。

はじめて出来た学校は生徒も少なく、いつもマンツーマンだった
どの学校を受けてもいいので 週末は駅前留学三昧でした(ヒマだったのかな)。

大事なのは講師の質、しかし語学は質より量!というのは私の信条。
質は今ひとつだったが、量という点ではNOVAの環境は良かった、ほかに勉強する方法があるとすれば外国人を友人にすることか。

f0013870_9381427.gif

[PR]
by shige_8mile | 2007-06-17 09:21

映画館のロビーで ♪

あなたの笑顔みてしまいました
私にではなく 誰か知らない人に注ぐ微笑を♪
パンフレット持つ手が振るえる私の目の前通って
二人は腕組み赤い扉の中へ消えてゆきました ♪

 ロードショー(古時計)


75~79年頃の曲、この曲はやけに記憶残っていつも
口から出る、カラオケのリストにはあったりするんだけど
知る人が少なくなってきた
[PR]
by shige_8mile | 2007-06-13 00:47 | 歌謡曲