降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー

<   2007年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

いつもと違う おやすみの言葉
・・・・・・
ベルが鳴る下り最終
かすかな不安を打ち消しながら
走ったよ 暗いホームに君は立っていた ♪
誰にも話せず一人で思いつめてた苦しいことを
2分の1づつに分けてほしいよ 愛しているから ♪

「哀しみのプラットホーム」 シグナル


76年リリースしたシグナルの2曲目
「20歳のめぐりあい」のヒットでメジャーになり、この曲もその路線だが、
私はこの歌の方が断然好きだ
深夜放送で聞いて以来、何度も口ずさんだ
この歌詞は100%あってる保障ないですが、だいたいあってると思う
f0013870_2316307.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-10-31 22:03 | 歌謡曲

コートの衿をたてて ♪

少しキザにあなたが ウィンク
熱い木枯らし 街角をぬけ
春を迎えにいったのかしら
・・・・・・・
HOLD ME 抱きしめられて ♪
きれいに変わりそう
ダメなところが可愛い
あなたが大好き
I think so, yes
You think so, so so so so

「I think so」 岩崎良美


80年に岩崎良美が登場
お姉さんの岩崎宏美と同じく松田トシさんの歌謡教室出身
お姉さん同様いい声をしていた、やはり生まれ持ったものなのだろう
この歌は当時鮮烈に記憶に残ってる
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-31 01:24 | 歌謡曲

鳥取

本日、鳥取に行った
大山はそろそろ紅葉の季節になりつつありました
f0013870_23534715.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-10-30 23:53
道端で見上げる僕を青いガス灯が照らす♪
捨てられた男の歌は哀しみで途切れがち
好きで好きでたまらなくて諦めきれない 
ひとかけら与えてほしいの~
もう一度愛を~♪

「愛情物語」井上順


某70年代歌謡曲ファンの方のサイトでこの歌を思い出しました
74年に出てヒットまでは難しかったですが、ドラマチックでよく覚えています
(ただ歌詞はやはり1,2番がゴッチャかもしれません、口から出たままです)

ドアとたたいてみても 開けてくれないだろう
窓の下あたりでそっと口笛をならしてみても
捨てられた男の顔は上をみて泣いている
好きで好きで胸が痛い
許しておくれよ・・・


井上順さん、結構いい歌をたくさん残されてます
最近はどうされてんでしょうね
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-29 00:55 | 歌謡曲

浅草花やしき

東京は昨夜とはうって変わって今日は暑いくらいの天気だった
はじめて浅草の花やしきでコースターに乗る
乗るには「身長110cm以上」という条件と・・・なんと「64歳以下」これはビックリ
しかし、まだまだ大丈夫

この遊園地は江戸時代にできた日本最古らしい
昔、大阪柏原市の「玉手山遊園」(ここは日本で2番目に古いとかいわれてた)に行ったことがあったが、浅草花やしきは狭くて、昔の百貨店の屋上の遊園設備を思わせる、しかし結構楽しめた、とくにコースターは時間はあっという間だが、狭いがゆえのスリルを楽しめた
http://www.hanayashiki.net/
f0013870_0133142.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2007-10-29 00:13

あなたと合体したい

というCMが有名な
多岐川華子さんは多岐川裕美さんの娘さんでサンミュ所属
時のながれを感じるなあ
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-24 23:46
30年生きちまったね
マンハッタン インザ レイン
人生の残り半分 せめて お前と
暮らしたいけど
夢さ~ 幻さ~ 摩天楼に灯がともる ♪

「紐育物語(ニューヨーク物語)」 森進一


80年代にカラオケが普及したころ
まだボックスではなく、飲み屋のステージで歌うのも気持ちよかった
30歳ってずっと先と思ってたなあ

この頃の森進一は「冬のリビエラ」とかクールファイブのような
ポピュラー演歌を歌ってた
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-24 22:15 | 歌謡曲
さよならを 言う前に もう涙
幸せになりますと
・・・・・・
ふりかえり ふりかえり 家を出る
雨の日の花嫁はしあわせになるという ♪
「雨の日の花嫁」 李 木蘭


70年代初期に少しだけ売れた曲
阿久悠さんの作詞だった
歌いながらドラマチックな場面が脳裏をかすめる
李さんの顔は思い出せないが、この歌は思い出す
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-23 22:56 | 歌謡曲
港の小さなお店
君は何故 何も言わずに別れて行った~♪
(ここで伸ばすのがコツ)
どんな過去が君にあろうと 僕ならかまいはしない
・・・・・・
泣いているの一人君は
戻っておいでよ早く
僕のこの胸の中に帰っておいでよ ♪
「愛ふたたび」 野口五郎


こんな歌詞だった
確か佐藤靖さん(野口五郎)のお兄さんの作曲だったかな
いい歌で 当時カラオケはなかったですが、よく歌いました

個人的には「私鉄沿線」や「甘い生活」のような絶叫型よりも好きでした
オリコンでは5~6位くらいだったかな
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-23 22:34 | 歌謡曲

それいけ!貴ノ花

1975年3月、スポーツ新聞にこのような見出しがでた
貴ノ花が10連勝で優勝争いに加わっているのだ
千秋楽、優勝決定戦で本割で敗れた横綱北の湖を破り、初優勝

当時、輪島と貴ノ花は宿命のライバルと言われていた
私はふと百恵さんと淳子さんを連想していた

週末、中野新橋の貴乃花部屋の前を通った
f0013870_024774.jpg

かつては部屋の前には自転車が一杯で力士が商店街を闊歩していた
今は・・・寂しいなあ
f0013870_031386.jpg

しかし 時津風部屋の事件もあって角界も再生されなければならない
貴乃花には頑張ってほしい
[PR]
by shige_8mile | 2007-10-23 00:04 | スポーツ