「ほっ」と。キャンペーン

降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー

<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

トリオの30年後

今の情報化時代はすごいですねえ
香港の流出事件のように人を不幸にする面も持ってますが、
30年前のこのビデオを皆がシェアできるんですね
http://www.youtube.com/watch?v=dlFOvFCdiO0

3人が20年後の話をしていますが、もう30年になります
当時、20年なんて随分先だと思ってましたが・・・3人3様の人生を歩んでますね
3人がまたそろう場面を見たいものです

「ゆらゆら ゆら ゆれる 更年期時代 ♪ (ゴメンね)」
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-26 22:23 | 淳子さん

栃木駅

今日は仕事で栃木に行ってきた
寒い~かと思ったら案外大丈夫だった
日本全国が冷えてるから、相対的には寒く感じない

栃木駅は東武とJRが同じ駅舎に入ってる
もっと歴史ありそうな駅舎かと思いきや モダンです
しかし駅前はなーんにもなくて残念です
唯一あるのはマクドナルド 
f0013870_1948981.jpg

ここから車で少し走ると女優の山口智子さんの実家(かつては旅館)があります
また栃木駅から東武乗って50分で鬼怒川温泉、今度行こうかな
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-26 19:52

地球 僕たちの星 ♪

宇宙 僕たちの世界
未来 僕たちの明日
みんな 僕たちのもの~ ♪

「ギララのロック」 ボニージャックス


何の歌でしょう これは?
67年に出た松竹の怪獣映画「宇宙大怪獣ギララ」のテーマ
しかし この歌はロックでは全くない?
怪獣映画といえば「東宝」「大映」でしたが、この年に「松竹」と「日活」は血迷ってしまった

EPレコードのB面は倍賞千恵子さんの「月と星のバラード」?でした
f0013870_22254449.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-02-25 22:25 | 日本映画

好きな歌

70年代の歌手で、代表曲というより
個人的に好きなシングルカット曲だったら・・・あくまで個人的です

天地真理:「みずいろの恋」
南沙織:「早春の港」
あべ静江: 「みずいろの手紙」
麻丘めぐみ:「悲しみよこんにちわ」
アグネス: 「星に願いを」
浅田美代子:「恋は真珠色」
桜田淳子:「ひとり歩き」
山口百恵:「夢の恋人」
森昌子:「中学三年生」
岩崎宏美:「悲恋白書」
伊藤咲子:「ひまわり娘」
太田裕美:「恋愛遊戯」
Pレディ:「SOS」
キャンディーズ:「あなたに夢中」
・・・・・
ついでに
郷ひろみ:「花のように鳥のように」
西城秀樹:「薔薇の鎖」
野口五郎:「きらめき」
沢田研二:「君をのせて」
チェリッシュ:「恋の急行列車」
フィンガー5:「恋のアメリカンフットボール」
・・・・・・

ああスッとした!
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-25 21:35 | 歌謡曲

3部作

あべ静江さんといえば
「コーヒーショップで」「みずいろの手紙」「突然の愛」が私にとっての3部作です
3曲とも素晴らしい!

同時期の歌手では・・私の独断と偏見ですが(ヒットという基準ではないです)

フィンガー5 「個人授業」「恋のダイヤル6700」「学園天国」
桜田淳子 「わたしの青い鳥」「ひとり歩き」「しあわせ芝居」
山口百恵 「ひと夏の経験」「横須賀ストーリー」「秋桜」
森昌子 「せんせい」「中学三年生」「越冬つばめ」
ついでに
郷ひろみ 「男の子女の子」「よろしく哀愁」「お嫁サンバ」
野口五郎 「青いリンゴ」「甘い生活」「私鉄沿線」
西城秀樹 「情熱の嵐」「傷だらけのローラ」「ヤングマン」
Pレディ  「ペッパー警部」「渚のシンドバッド」「UFO」
岩崎宏美 「センチメンタル」「ロマンス」「聖母たちのララバイ」
・・・・・
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-24 23:27 | 歌謡曲

1974年とは・・・

淳子・百恵の話ばかりでしたが、
さっきTV観てたら「長嶋茂雄(元巨人)」の選手引退の年だった
うーん 当時、私の同級生にも真剣な長嶋ファンが結構いて
感動して涙ぐんでいた・・・・私は別に巨人ファンではなかったのでそこまで思い入れはなかった

しかし60年代の昔、「巨人・大鵬・卵焼き」と日本人の好きなものの代名詞があったけど、巨人=長嶋だったんだろうねえ
巨人の川上監督、王、柴田、広岡、国松、黒江、森、金田・・・ああ古い・・はどうみても大鵬・卵焼きと比較は難しい! 
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-24 23:02

人の妻です~ ♪

許してと~
・・・・
面影の女~ ♪

「面影の女」 チャダ


あ~最初と最後しか思い出せません(涙)

最近 TVでジェロさんが演歌を歌ってるのを聞いて思い出してしまいました
70年代にインド出身の演歌歌手がいたことを
日本人びっくりの唄いっぷりでした
f0013870_24059100.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-02-24 02:41 | 歌謡曲
たぶん気に入ると思います
好きな果物を買っておきます ♪
鍵は友達に預けます
私はいかなければなりません
あなたにさよならを・・・

「秋日和」 あべ静江


74年の夏合宿も終って
さあこれから勉学の秋だ(笑)!という頃に出た曲
割と地味なのでマイナー曲扱いですが、好きだったんです
あべさんは当時23歳(淳子さんとは7歳違い、大人の魅力一杯でしたね)
今は・・・ううん太られたのか痩せられたのか・・・わかりません

この頃に淳子さん「花占い」、百恵さん「ちっぽけな感傷」が出た
f0013870_23262913.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-02-21 23:26 | 歌謡曲
互いに口を閉ざし
長いホーム 端まで歩いてゆく
白く光る線路見て~♪

たった2年だが 情熱燃やして あなたと生きられたわ
まだ抜け殻みたいな私だけど きっと大丈夫
駆け寄って 「あなた」と言おうと したけど脚が止まった
それをしたら泣くわ ♪

「私は旅人」 ペドロ&カプリシャス


当然、阿久悠、都倉俊一コンビによるもの
実に映画的でキレイな曲です
74年の夏にこの曲がFMから流れていた
桜田淳子さんが「黄色いリボン」山口百恵さんが「ひと夏の経験」を唄ってた頃
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-17 04:00 | 歌謡曲

君は覚えてるかい ♪

甘いラジオの歌を
辛い思い君にさせたあの頃流行ってた
暗い日曜日の朝
街の教会へゆき
愛が続くように私祈り続けたわ
・・・・・・・・
同じ街に住みながら二度と会うことはない ♪
愛を探す心二つ時はうつりゆく

「愛の肖像」 ヒデとロザンナ


74年の早春に出た曲で思い出にのこってる
ヒデとロザンナは68年に「愛の奇跡」ではじめて観たとき
超ミニスカートのイタリアの女の子とチャラチャラ野朗のキワモノペアに写った
しかし次に出た「粋なうわさ」という楽曲の良さと予想外に日本人を愛する純なロザンナがいい意味でB級恋愛映画の場面を想像させた 
70年に出た「愛は傷つきやすく」は夏休みの暑さを吹っ飛ばすヒットだった
まさにこの3曲がヒデとロザンナであり、結婚という歌謡界デュエットではありえないことまでなしとげた、 過去に橋幸夫+吉永、フランク永井+松尾、山内賢+和泉・・・結婚どころか恋愛も有り得なかった 
[PR]
by shige_8mile | 2008-02-17 02:08 | 歌謡曲