降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

花の香りが残るよな
そんな娘になりたいと いつも心で思ってた ♪
・・・・・・
この恋を叶えてといちずに思いつめ
花のようにひそやかに 待ちわびる想い 

「花のようにひそやかに」 小柳ルミ子


71年~72年に新人としては異例の超連続ヒットを飛ばしていた小柳ルミ子さんも74年が転機の年だった
(淳子さんと6歳、アグネスより3歳オネエサンだった)
この曲は74年初夏ではなく春に出た曲だが、好きな歌だった
阿久悠、平尾昌章といったゴールデンコンビだ(実はこのペアはあまり多くない)

この年の初夏に「ひとり囃子」が出たが、好きになれなかった
私はこの歌までが小柳ルミ子の歌として好きだった
(この年に「冬の駅」のヒットもあったが、これもあまり好きじゃなかった)
f0013870_2340998.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-05-30 23:41 | 歌謡曲
ものをあげるわ
小さな胸の奥にしまった 大切なものをあげるわ ♪
・・・・・・
誰でも一度だけ経験するのよ
誘惑の甘い罠

「ひと夏の経験」 山口百恵


74年の初夏といえば 百恵さんのこの曲が衝撃的に登場
話題性ということも含めて大ヒットした

全く表情を変えず坦々と過激な詩を唄いあげる彼女は15歳とは思えなかった
まさに素晴らしい戦略が大当たりで、スター誕生の審査員もホリプロもビックリ!

ジャケットも篠山紀信で淳子さんのジャケットとは力の入れようが大違い
f0013870_23163310.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-05-29 23:18 | 歌謡曲
丘をかける麦わら帽子 
きっとあなた 窓辺にもたれ ♪
・・・・・・
「黄色いリボン」 桜田淳子


74年初夏の淳子さんの曲
当時、新曲を聞く前にこのタイトル見たときは嬉しかった
なぜなら淳子さんには森田公一か筒美京平の曲があっていたから
f0013870_23274730.jpg


ただあえて不満をあげると2つ!
① ジャケットがあまりにつまらない (スナップ写真みたい、黄色いリボン??)
② 衣装が制服みたい! 私は「三色すみれ」「わたしの青い鳥」の衣装が好き
[PR]
by shige_8mile | 2008-05-26 23:28 | 淳子さん
誰にも言わないでね
ヒミツ ちいちゃな胸のポケットの中 ♪
こぼれちゃいそうなの
・・・・・・・・
「ポケットいっぱいの秘密」 アグネス・チャン


美代子さんとくれば・・・アグネスさん
74年の初夏にでたのは この歌
結構想い出があるなあ

73年の初夏曲「草原の輝き」は彼女を代表する大ヒット(甲子園の行進曲)でしたが、それには及ばないまでも クリーンヒットした曲
f0013870_3213513.jpg

しかし 夏にアグネスが出した曲でメジャーになったのはこれが最後
思えば、72年末にデビューした彼女のアイドルとしてのピークは73年~74年だった(特に73年の活躍はすごかった)

トロントに留学して事実上引退したあとはよくわからないが・・・・今もTVで拝見すると元気そうです、(美代子さんと年齢が同じですがキャラは違います)
今年もう53歳になられます
[PR]
by shige_8mile | 2008-05-26 03:24 | 歌謡曲
私の小さな窓から やって来た朝を
昨夜見た夢を 私にも話して
聞いたら心に広がる 虹の架け橋 ♪
・・・・・・・・
分かりかけた 小さな毎日が
やさしいあなたの愛で始まるの

「虹の架け橋」  浅田美代子


淳子さん、真理さんとくれば・・・浅田美代子さん

彼女が74年初夏に出したのはこの曲
カワイ子ちゃんという意味では淳子さんの好敵手でしたね
(年はオネエサンでしたが)
ロングヘアは後に淳子さんも追従しました
f0013870_1234295.jpg

安井かずみ、都倉俊一のこの曲は結構よかった
思えば浅田さんの初期の曲は全て筒美さん、都倉さんが作っていたんですね
[PR]
by shige_8mile | 2008-05-25 01:24 | 歌謡曲
私のこの~気持ちを 今~ ♪
潮風と相談 聞いてよ光る 波
あまりに恋が シャララ 素敵だから~

「恋と海とTシャツと」 天地真理


忘れもしない74年の初夏に登場
しかし もう白雪姫の時代は終焉を告げていた
「恋する夏の日」の核ミサイルのような勢いはもうなかった

彼女の今の評価は低すぎると思う (後年の奇行が影響してるのかも)
やはり事務所の力次第である
渡辺プロの功労者でありながら同じ事務所の「キャンディーズ」の方が70年を代表するアイドルと思われている・・・とんでもない・・・天地真理のほうがワンランク上である

時代を突き抜けるアイドル・・という表現に相応しいアイドルは私の中では3人しかいない
天地真理、Pレディ、松田聖子

この「恋と海とTシャツと」の作曲者、森田公一は同時期に「黄色いリボン」もてがけ、桜田淳子さんが天地真理さん、麻丘めぐみさんに代わりベスト10常連に踊りでた それが74年だ
f0013870_22295515.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-05-20 22:17 | 歌謡曲
起こりそうな~気がするよ・・・♪

少し大人びた! 振りで片寄せて!
街を歩いたら 皆が言う! 二人は恋人同士と!
晴れた土曜日は!まぶしすぎるけど ♪
・・・・・・・
「土曜の午後のロックンロール」  弾ともや


中3トリオや新御三家とリアルタイムでダブって思い出す
これも74年頃だったかな・・・大阪出身で西城秀樹の振りが上手かった
今もミュージシャンとして活動してるらしい

この時代は土曜日は仕事するのが当たり前だったので「土曜の午後」はキーワードだった

f0013870_23555994.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-05-18 23:57 | 歌謡曲

ぶらり熊本

またまた昨日まで熊本にいた
初夏のように暖かだった
いつも感じるのは故郷和歌山に似た城下町の風情だ
 
熊本市内の一番の繁華街の一つは熊本城近くの「下通り」「上通り」
「下通り」を下っていくと「熊本銀座」がある
博多の中洲も悪くないが、熊本銀座は素朴で私にはあってる

ただ或る店に飛び込みで入るとビックリ
ダンスタイムとかいってホステスさんの一部が狭い店内で踊りだすのだ
詳細はとても表現できないが、関西人もマッ青!

「下通り商店街」に垂れ幕が・・・ゴルフの上田桃子さんはここの出身のようだ
f0013870_8145441.jpg


熊本港からはフェリーが天草、島原へ出ている、次回は天草行こう
f0013870_8225931.jpg


帰りの熊本空港で出発を待つ間に行きつけのレストランで「火の国ビール」
f0013870_8233528.jpg

無事に帰れそうだ
[PR]
by shige_8mile | 2008-05-18 08:27 | 旅日記
古い山の友よ 伝えてくれ ♪
母親には 安らかだったと 
男らしく死んだと 父親には ♪
・・・・・・・

「いつかある日」 中沢厚子


74~75年頃だったかなあ
やはり淳子さん全盛期によくラジオから流れてたので覚えてる

80年代に入ってこの歌をカラオケスナックで唄ったら
店の人から「今のは何という曲ですか?」って聞かれました
皆どっかで聞いた曲なんですよね
中沢さん 今年55歳になられます

f0013870_3412067.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-05-12 03:30 | 歌謡曲
花の心に響くように
心をこめて 手のひらに
花の手拍子うちましょう ♪

「花の手拍子」 英 亜里


68年 島倉千代子は「愛のさざなみ」が最後のヒットとなりつつ、
都はるみもかつての勢いはない
そのときに登場したCBSソニーの演歌歌手
浜庫さんの曲もよく 知る人ぞ知るコブシの利いた演歌です


タン タタン タンタタン タンタタン ♪


f0013870_1163447.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-05-10 02:04 | 歌謡曲