降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

のその中で ♪
いつの日か幸せを自分の腕でつかむよう
・・・・・・・
こごえた両手に息をふきかけて
しばれた身体を温めて~♪

「大空と大地の中で」 松山千春


松山千春は77年に北海道から登場!
新御三家や世良公則、サザンの桑田らと同年代!
私は淳子さんを聴きながらも 彼の歌に耳を傾けることも多かった

今回プライベートで北海道に行って松山千春の生まれた足寄町に寄った
驚いたことに地元のコンビ二の店員が千春の家を教えてくれる
近くの「足寄町 道の駅」の2Fは「松山千春コーナー」(写真)がある
f0013870_1141624.jpg

f0013870_23384617.jpg

まさに彼は町の英雄であり、30年たった今も町は彼を誇りとしている
彼の生家(彼は札幌に住んでおり、足寄には母親が住んでるらしい)の前にいくと今でも観光客が車で寄って写真をとっていく
(PS. 鈴木宗男さんも足寄出身で千春とは足寄高校の先輩後輩の中で仲がよい、宗男ハウスはなかったが(笑))
道東の小さな町、足寄には繁華街は見当たらない、飲み屋はあきらめた

生家に掲示してるポートレートは80年代は髪が長い千春だったが、今はスキンヘッドのものと並んでいる(笑)
f0013870_2338731.jpg

足寄の方ばかりでなく、北海道の方々の温かい人柄は一人旅するとよくわかる
何かを尋ねても 本当に親身に話してくれる、すっかりファンになってしまった
足寄の人に教えられて「オンネトー」という湖(写真)にいった
写真左の山が雌阿寒岳で右が阿寒富士

ここは25年前に桜田淳子さんもプライベートで来られたようだ
そう思うと感慨深い
http://aiharap.exblog.jp/m2006-01-01/
f0013870_23394425.jpg

帰りは十勝の生キャラメルで有名になった田中義剛さんの「花畑牧場」に寄った
帯広から車で40分、周りは牧場地帯で何もない
平日の午前中というのに観光バスが立ち寄って観光客らが大量に「生キャラメル」を購入していった、一人3個までということだ、しかし830円は高い!
それでも新千歳空港も売り切れ、釧路市内のスーパー「ポスフール」の直営店も残りは僅かだった
TVの力は本当にすごい!!
f0013870_23392178.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-09-29 23:42 | 歌謡曲

王貞治、三重ノ海

最近、スポーツ紙面にこの名前を目にします
私的にはどうしても桜田淳子さんと時代がダブってしまいます
王貞治さんが本塁打世界記録つくった年に「気まぐれビーナス」を唄っていた
王さんは人気では長嶋さんの影にかくれることが多かったが、紳士的な態度は巨人ファンならずとも認める人だ

三重の海(武蔵川親方)は、まさか横綱になる器とは思わなかった
名大関という印象が強い、確か横綱在位は1年くらいだったと思う
その点では大横綱「北の湖」とはレベルが違った
しかし相撲の実力と理事長とはまた違うので期待したい
彼が横綱に昇進した頃、淳子さんは「サンタモニカの風」を唄っていた
[PR]
by shige_8mile | 2008-09-23 23:39 | スポーツ
青空が二人に
まぶしい土曜日 ララ あの人と~ ♪
・・・・・・
「おしゃれな土曜日」 ミミ


73年頃のデビュー曲?と思う
手を麻丘めぐみのように振りながら唄っていた
165cmと背が高く、脚のきれいなまさにアイドルの条件を満たしていたが、突如女子プロレスに転身!そのときはビックリ、プロモータのすごさを感じた
ビジュアル系レスラーのハシリかもしれない

やや舌ったらずな感じだった、歌詞が全て思い出せない・・
f0013870_23575724.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-09-19 23:59 | 歌謡曲
空から突然 ゴメンなさい ♪
昨日の私 昨日で終わり
冒険好きな小鳥みたいよ
何かが起きる~何かが起きる ♪
・・・・・・
「気ままなジーナ」 松尾ジーナ


この唄が出た71年というと淳子さんがスタ誕の予選に登場する前年、
つまりアイドルを皆が渇望していた時代なのかな

TVのCMで松尾ジーナが空からブランコで揺られてる姿が脳裏に焼きついてる、そしてこの唄、「黄色いリボン」と同じ 阿久悠、森田公一のコンビによるもの
f0013870_2331172.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-09-19 23:25 | 歌謡曲

湖に立つ女??

鳥取→松江を訪問した
米子駅の隣りは安来節で有名な「安来」がある
・・・しかし駅の周りは工場があるがやや劣化が進んでいるように見える
f0013870_22444699.jpg

米子から30分で島根の県庁所在地「松江」に到着
ここは町全体で景観を大事にして観光の雰囲気を作ってる

今年400年祭の松江城
これは素晴らしい、日本で現存する12天守の一つで山陰では唯一の天守閣だ
その中でも高さ(30m)は3番目、古さは6番目らしい

近くでみると5階建て(地下1F)だが、小柄で手作り感が漂う感じのよい城だ
f0013870_22481316.jpg

近くに小泉八雲記念館がある、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が40~41歳のときに島根県尋常中学の教師として赴任し、ここで生活したそうだ
f0013870_22552924.jpg

日本銀行跡を改築したカラコロ工房も面白い
(中でアクセサリー作り、和菓子作り・・をやっている)
f0013870_2314427.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-09-15 23:04
寒いばかりの夜でした
急にあなたが旅立つと
・・・・・・・
最終列車の自由席
人ごみにまぎれたあなたをみつめ
パントマイムで告げた私の思い~ ♪

「最終列車の自由席」 清水京子


75年、桜田淳子さんが「十七の夏」をリリースした頃
FM大阪のキングレコードコーナーで毎週紹介されていた

歌詞は私の記憶だけですので 1~3コーラスが混じってる可能性大ですが、いい曲です
また唄いたくなってきた
「・・・好きと聞こえたように信じていたい~♪」
f0013870_1545751.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-09-10 01:57 | 歌謡曲

強敵あらわる

というほどではないが・・・・
今日は東京駅の隣りの神田駅の「今川小路」の飲み屋街で飲んでいた
最初に隣りの席に一緒にいたのは50代~60代とおぼしき3人組
彼らはカラオケをガンガン・・・小畑実からブロードサイドフォー・・
私も好きな荒木一郎、布施明で応戦(笑)
2時間ほど一緒に唄いまくった
23時半ころにその3人組が帰ると代わりに3人組の若者が入ってきた
年は30歳前後くらいか
その彼らがただ者ではなく、私のカラオケ魂に火をつけた(笑)

彼らは布施明からプレスリー、サザン、西城秀樹、沢田研二、マイケルジャクソンまでオールラウンドこなす、私は嬉しくなって西城秀樹、ツイスト、シャネルズ、ドーンで応戦

4人一体で歌いまくり、気がついたら1時をまわっていてママの顔がひきつっていた、私は発見した、最近の20代若者には70年代の唄をもこなすツワモノがいることを!(笑)
[PR]
by shige_8mile | 2008-09-09 01:07 | ちょいと一杯

あの人は熊ん蜂 ♪

飛んできたのよ小雨空
寂しげなひとみに何故かひかれたの 
・・・・・・・
まわるまわる恋の毒
あ~ああん
抜いちゃ嫌、甘い針
こんな幸せ初めてよ
お返しをさせてね
雨がやむまでに

「熊ん蜂」 山内えみこ


74年の秋、淳子さんが「花占い」をリリースしたときにキングレコードから出された、確かFM大阪のキングコーナーがあって何週か連続でかかってた
山内えみこさんは当時、東映のややエロス的な女優さん
この年の夏に出た山口百恵さん「ひと夏・・」の影響でしょうか、歌詞の途中に「刺される」とかドキドキするようなフレーズが続く
まさに「鶴光のオールナイトニッポン」の世界
ヒットはたいしてしなかったのでマニアック歌謡だけれど、今も歌詞を覚えてる
[PR]
by shige_8mile | 2008-09-08 05:25 | 歌謡曲

ちぎれ雲が飛ぶ

嵐のなごり
胸にうずまいた ♪
・・・・・・
聞いても無駄さこれからどこへ行く
あてもなく旅たつだけ
・・・・・・
「嵐のあと」 フォーリーブス


雷の音響から始まる曲だったと思う
4人が黒の衣装で登場する
これは淳子さんが「ひとり歩き」を唄ってたころに
渋谷公会堂のTV公開番組で彼らをはじめてみた印象だった

まさに正統派のアイドルグループって感じだった
f0013870_2233413.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2008-09-07 22:04 | 歌謡曲
みんな探してた♪
ここへすわろう愛をわけて
みんな話そうよ

別れた人のことは~♪
もう 思い出さないで~~♪
・・・・・・・・
「青空のおしゃべり」 フォーリーブス


サビの「もう思い出さないで・・・」
のところで4人がスタンドマイクを同時に傾けるところが良かった
我が故郷と同郷の北公次さんの作詞です(覚醒剤事件を起こしちゃったが)

ジャニーズ事務所の冬の時代である70年代を支えた彼らは今は振り返られることがない
丁度 ザ・タイガース(沢田研二)と新御三家登場の間の70年~71年を埋めた
先日、このカラオケがあったので唄ったらキーがあわずに自滅・・・
[PR]
by shige_8mile | 2008-09-07 01:34 | 歌謡曲