「ほっ」と。キャンペーン

降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

デビュー36周年は私も忘れていた
彼女のことは何度も70年代の歌とともに数年前に書いた記憶あるけど、アイドルとしての素質のある女の子だったと思う、しかしやはりデビュー曲「天使も夢見る」は彼女の良さを引き出しきれなかった・・・のではないかと思う、そこが浅田美代子、アグネス、天地、麻丘、あべ、の初球大ホームラン「アの字軍団」とは違うのである、
やはり彼女が全国区になったのは4曲目「花物語」での「語り」だと信じている
これをラジオで聞いたとき「彼女は残る」と思った

その後も彼女は年とともに相応に成長していった
f0013870_026712.jpg

阿久悠さんが1976年に本に書かれた内容そのまま抜粋

「桜田淳子、伊藤咲子、岩崎宏美の三人が伊豆の家へ夏休みで遊びに来た時、こんなことを思った
例えば、一口でミュージカルと言っても三人が演じるものは随分違うだろうなと
宏美はジュリーアンドリュースで、咲子はジュディガーランドで、淳子ならレスリーキャロンのものがいい
しかし、「ねえ 気がついてよ」を作ったときは、淳子の中にマリリンモンローを見て仕方がなかった時である
大野克夫には盛んにそこのところを話したものである
桜田淳子の何が素敵かというと、それは世にも珍しい、「おかしな美少女」だからである」


私は最後の「おかしな美少女」という表現は一番近くで彼女の成長を見守った阿久さんだからいえるものであり、私も好きで納得する表現です、本当に美少女でなければ無理だから
今は 志村けんのコントのような「おかしな美人妻」になっていないか心配です(笑)
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-26 00:30 | 淳子さん
流れて帰らぬあの人よ
ああ 街角に恋は消え
残るは この歌・・数寄屋橋ブルース

「数奇屋橋ブルース」 三田 明


昨夜、銀座を抜けて有楽町に行く途中、数寄屋橋の交差点でふとこの歌が出た
数寄屋橋を歌った歌はありそうで少ない

だいたい数寄屋橋といっても橋はない
昭和33年に外堀は埋められて橋はなくなった(中3トリオが生まれた年である、ややこじつけだが)
それまでは数寄屋橋といえば両親の時代になるが、昭和27~29年「君の名は」しか思い浮かばない
主演は佐田啓二さん(中井貴一のお父さんだが、お父さんの方がイケメン)、岸恵子さん
f0013870_22584340.jpg


「数寄屋橋ブルース」は吉田正さんの作曲、
この方は70年代が阿久悠さんなら60年代は吉田正さんと思うくらい良い歌謡曲を残しておられる
吉永小百合や三田明はその代表的門下生だろう
三田明は御三家全盛にかぶったため、代表曲はいまでも「美しい十代」しか大衆の心に残っていないが、60年代は御三家に三田を加えて「歌謡界の4強」と紹介されてる
幼い歌唱も「恋人ジュリー」から大人に脱皮して、この数寄屋橋ブルースは晩年でヒットしたとはいえないが、大人の歌である
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-24 23:08 | 歌謡曲

阿蘇くまもと空港

熊本空港を地元ではこう呼ぶ
確かに阿蘇まで車だと1時間かからない
今回は時間なくお疲れだった
(だいたい朝の2時まで仕事して翌朝は6時から仕事はキツイ)
しかし同行した20代の若者は疲れを知らないらしい・・・
まあ私も「あっ 疲れが残るって これかな?」と実感したのは30歳過ぎてからだった
いつも入る空港内の「熊本ラーメン」でラーメン+生ビールでほっこり
・・・至福のひととき
f0013870_2358956.jpg

今回は菊池温泉に寄ったが、空港から30分くらいで近い、ほかにも黒川温泉、山鹿温泉とやはり阿蘇の地元は温泉のメッカだ

電車の中で「若い人」の本を読んだ
(なんと800頁に及ぶ大作なのでかなりとばした)
読みながら間崎先生のイメージは太陽族の石原裕次郎ではなく、小野寺昭のほうが近いなあと思った
そして橋本先生、恵子の母、江波恵子の間崎をめぐる女性の心理を原作では多く描写されてる
しかし江波恵子の不健康な美しさを健康的な吉永さんや淳子さんが演じるので違った新鮮さがあるのだとわかった、実際の生立ちから考えると山口百恵さんの方が江波恵子に近いかもしれないが、やはりギャップに魅力がある、(原作では「オカッパ頭」という表現があり、イメージダウンだが)
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-23 00:16 | 旅日記

09年豊川稲荷

九州から帰ってきた シンドかった
今回は20代のワカモノ3人と一緒だったので・・・はやく寝よう

ところで東京赤坂の豊川稲荷にまた春がこようとしてる
f0013870_049175.jpg

ここに来るとやはり高3トリオの記念樹にきてしまう
f0013870_0495441.jpg

淳子さんの記念樹
f0013870_0504845.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2009-02-22 00:52 | 淳子さん
だから 涙には 言えよ 
よろしくと~ ♪

「涙によろしく」 森田健作


1972年 森田健作 絶頂期だ
TV「あしたに駆けろ」のテーマで、ラグビー部が舞台
確か相手役は鳥居恵子さん
森田さんの相手役は早瀬久美、紀比呂子ときて3人目だ
鳥居さんが一番女子高生らしかった(また失礼)
私は子供の頃からいつも銭湯に通っていた
このTVを観てからタオルと風呂桶かついで、歌を口ずさみながら夜の田舎道を歩く
「胸はいたむか~ 頬がぬれるか~♪」ってな感じで
f0013870_1155562.jpg

森田健作さんも今年還暦の60歳、千葉県知事選に立候補するらしい
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-18 01:12 | 歌謡曲

TV観る気しない

最近の政治ニュースは観る気がしない
A首相、H総相、N財政・金融相はとくにヒドイ

私もかなり昔、韓国にトラブル対応で出張した夜に、韓国人のアルコール接待攻撃に翌日は口もきけないほど疲弊したことがあるので人のことはいえないが

H総相も自分の仕事をもっとしろよといいたい
・・・

といってるとまた木曜から九州いくことになった
もう疲れたよ・・・・

今回は本当にホテルでおとなしくしてよう
それか気まぐれプリンに行ってみようか・・・元気あれば
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-17 01:18

We shall overcome ♪

We shall overcome,
We shall overcome, some day~♪.
Oh, deep in my heart, I do believe
We shall overcome, some day.

「We shall overcome」  Joan Baez


歌謡曲でも70年代でもないけれど
最近Obama大統領のせいか USの公民権運動のビデオでこの唱をよく耳にする
思い起こすと初めて覚えた英語の歌はビートルズでもカーペンターズでもエルビスでもなく、これじゃなかったかな・・・
簡単な単語の繰り返しだったのでとっつきやすかった
しかし なぜ助動詞が shallで willじゃないのか? とか do believe と動詞がふたつあるのは文法上おかしくないか・・とか 歌詞をみてひっかかってた記憶ある

まったく違う話・・
さっき TVのニュースで日本の昨年10-12月期のGDPが12.7%の落ち込みとのこと、 ところで日本のGDP(国内総生産)はどれくらいなのか?

日本の給与所得者の平均年収を500万、就業者を人口の半分として6000万人としたら
500万×6000万=300兆円
労働分配率は60%程度だから(労働分配率はGDPの人件費割合)
300兆/0.6=500兆円
荒っぽいが、これが日本のGDP(実質は540兆円くらいらしい)
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-17 00:44 | 歌謡曲

「若い人」再び

この映画の中での桜田淳子さんのセーラー服姿は、郷愁を覚えます
彼女は品のある顔立ちと脚のきれいさからセーラー服が本当によく似合った
私的には高校生の頃の松原智恵子さんと双璧をなします(ちと古い)
やはり80年代のオニャンコ倶楽部ではダメだ

52年の池辺良、島崎雪子の「若い人」と62年の活水学院での石原裕次郎、吉永小百合のスチールがありました
f0013870_2595422.jpg

f0013870_256575.jpg

江波恵子の服装はそれぞれの時代を表してますねえ
今ではこのような映画は時代にあわないのかもしれませんが、夢としては 淳子さんの娘さんが16歳でドラマデビューして母親役で淳子さんが出る・・・間崎先生は・・・・難しいですが、三浦友和の息子さん(百恵さんが怒るかもしれないですね)・・・まあやはり夢でしょうかね
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-16 03:11 | 淳子さん

なぐさめ はげまし ♪

長崎の・・・ああ長崎の鐘が鳴る ♪

「長崎の鐘」 藤山一郎


サトウハチローさん作詞、古関裕而さん作曲の名曲
長崎の平和公園から歩いて5、6分で浦上天主堂がある
長崎の鐘とはこの天主堂にある鐘のことを指す
近くの公園にはこの歌碑があった
f0013870_1325385.jpg

この歌とともに永井隆博士の話を聞くとまた涙が出てしまった
浦上天主堂は原爆で吹っ飛び、2つあった鐘のひとつは大破、残ったひとつも数百メートル飛ばされて見つかった
その残った一つの鐘は天主堂に戻され、今も1日3回浦上に響いている
f0013870_1433635.jpg


平和公園にも「長崎の鐘」と銘打った小さな鐘がある
昭和20年8月9日11時2分に起こされた悲劇を忘れないために、毎月9日11時2分になると皆でロープを引いて鐘を鳴らしている
たまたま2月9日11時2分にその場にいた
ロープを引く一人の老人に話かけると、原爆が落ちたときは17歳だったそうだ
f0013870_1522137.jpg

[PR]
by shige_8mile | 2009-02-12 01:53 | 歌謡曲
無情の雨よ
ああ 長崎 思案橋ブルース

「思案橋ブルース」 高橋勝とコロラティーノ


長崎市内一の繁華街 思案橋でこの歌を歌いたかった
オランダ坂から車で5分、ランタンフェスティバル開催中で人も多い
f0013870_163745.jpg

しかーし 夜になるとやたら猫が路地を走り回る(笑) あまりキレイという感じではなかったが、或る意味で呑み屋街はこうでなくっちゃ
さっそく3000円でノミホの某スナックに飛び込んだ
50~60歳前後のおっちゃん3人が既に歌ってたが、曲層は裕次郎あたりだったので安心し、結局、3時過ぎまで飲んでしまった
勿論、最後に「思案橋~・・♪」と熱唱してママにとあきれられた

オランダ坂の下に「Taft」という喫茶店バーがあり、ここもお薦め
私が2Fに入ると中は店というより事務所という感じ
オーナーの丸刈りのおっちゃん(本人は50歳過ぎてるといってました)が面白い話をしてくれた
f0013870_1202878.jpg

活水学院近くでは 先週行った居酒屋「心意気」とともにいつかまた顔出したい
[PR]
by shige_8mile | 2009-02-12 01:23 | 歌謡曲