降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

紳助竜介

嫌いだが、気になる奴である
この島田紳助という男

先日、DVDを借りた「紳竜の研究」
その中で2007年にNSC(吉本のお笑い養成所)で
20年ぶり2度目の彼の特別講義の一部が収録されていた
f0013870_1392276.jpg


私なりの要点と感想
①才能と努力
だいたい漫才ブームにのせられて出来た吉本の学校に
「そこへ行けば自分も漫才師になれるだろう」なんて安易な考えで入学金払うガキに何が出来るか! プロ弟1線で活躍してる我らがそんなアンポンタンのガキどもの漫才に何を期待しろちゅうんや! ということだったんで「たこ焼き食べながら」皆に2~3分の漫才やらしてたらしい
しかし その中に「一組だけスゴイのいた」 
「明石家さんま」「オール阪神巨人」も異口同音に認めた
それがダウンタウン もうそのときから輝いてた
笑いのセンスは生まれつき天性のものや これはどうしようもない

しかし よく「紳助さんはよく努力されてるんでしょうねえ」と聞かれるが
「全く努力なんかしてない」と答える
プロ野球選手を例にしたら毎日500回の素振するは努力やなく当たり前
、ただその1回1回にピッチャの球を意識しながら気持ちを込める
単に500回やるんは筋トレと一緒で、意味がない
普通の努力では勝てへんのや

②デビューの頃のエピソード
紳助は竜助とコンビを組んで僅か2ヶ月でNHKの漫才コンクールに出て3位入賞した
しかし何でわし等が1位ちゃうねん、と花束を床にたたきつけて優勝した「大木こだま」に「ワイらが1位やゆうことを思いしらせたる」と暴言吐いたそうです
「こだま」は怒ることもなく、「怖いやつらが出てきたなあ」という感想だったそうです

③ターゲット
「おじいちゃんやおばあちゃん」はどうでもええんや
 「20~35才の男がターゲット」つまり自分たちに共感してくれる層を狙う
 キャーキャーゆう女の子は危険、わしらをダメにする

④M-1について
2分なら誤魔化しが効く、相手はTV観てる人ではなく観客でもなく審査員や
ストーリーよりインパクト! 2分のラスト30秒が大事、ボクシングと同じ、最後の1球にスゴイ球投げたら、今のは何?と思わせられる
最初の1分はキャラの印象付けでOKや

それとネタは本当によく練習しておく、アドリブではない
紳助竜助はネタのしゃべり方で「か」にするか「が」でも真剣に考えた
本当に細かい所まで徹底的にネタあわせした

この世界、友達は敵や!
友達は田舎に帰ったら一杯おる、ここに友達つくりに来たのではない!

⑤夢
売れたら儲かる
大きな家も買える
ええ女も抱ける

もうそれを手にいれてしもうたから夢を熱く語れる君らが羨ましい
10億円で君らの若さと夢の数を買いたい
10億円の価値を君らは持ってるんや・・・・・
・・・・・・・・

このDVDをみていて
「自分の才能は何か」ということを再度認識してそこに集中的に投資することが5年先に勝つ必要条件・・・と思った
[PR]
by shige_8mile | 2008-04-27 01:41