人気ブログランキング |

降る雨や1973年は遠くなりにけり


by shige_8mile

<   2006年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

微笑む顔が少し はにかむの 昔のままだわ ♪

「グッドラック アンド グッドバイ」 荒井由実(岡崎友紀)

ユーミンでといえば昭和52年頃かなあ  岡崎友紀さんが歌ってた 
友紀さんの明るい語りが少し入っていた

カラオケでは男性が歌える感じではないが
映画のワンシーンを思い出させるような曲で好きだった
by shige_8mile | 2006-01-22 12:07 | 歌謡曲

荒井由実さん

70年代の女性アーティストでは中島みゆきさんと双璧かも

淳子さんがコンサートで歌った記憶あるのが

「何もきかないで」

何もきかないで どこから来たのか ♪
何をしてきたか あなたはきかないで

テラスに広がる星空見てると
昔から二人こうしているみたい ♪

すごく雰囲気のある曲で淳子さんが歌ったことも含めて
ユーミンの中で好きな曲のひとつ
by shige_8mile | 2006-01-22 03:19 | 歌謡曲

語りの歌謡曲

淳子さんの語りといえば「花物語」ですが

コロムビアの新旧ライバル 
美空ひばり VS 島倉千代子
も語りの歌が結構ありました

ひばりさんではご存知「りんご追分」での
津軽娘の「おらあ、おらあ・・・」ですが

お千代さんの「からたち日記」は泣かせます
「このまま別れてしまってもいいの? あの人は・・・」
私もラジオで聴いて結構泣いてました 笑
by shige_8mile | 2006-01-22 00:49 | 歌謡曲
ああ 夾竹桃の花は花は はるか ♪

「夾竹桃の咲く頃 」 美空ひばり

この曲はなんと神津夫妻の作です
(作詞 中村メイコ  作曲 神津善行)
昭和41年頃じゃなかったかな

「木綿のハンカチーフ」の女性版という感じで
Out of sight, Out of mind!

ひばりさんの曲の中では地味ですが、
3番までの歌詞が物語りになっていて心に残る歌でした
by shige_8mile | 2006-01-22 00:31 | 歌謡曲

思い出のグリーングラス

HP掲示板の記帳とは違って
ここでは私の好きな思い出話を好きなように書いてます(御意)

淳子さんファンの方も多く覗いてくれていて恥ずかしいやら・・・
しかし さすが淳子さん 素晴らしいファンばかりです

こんなブログがありました、やはり素敵な方だったようです
http://diving-777.air-nifty.com/diving/cat3436098/

四ツ谷ねえ 淳子さんは呑めるほうだったのかな
http://www.1101.com/miyake_tsuchiya/2004-09-07.html
博多にもいきたい店あり
http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=143507&log=200505


ところで 「思い出のグリーングラス」 TOM JONES (トムジョーンズ)
[The Green, Green Grass of Home]
昔は英語の勉強がてら辞書引きながら歌ってました

英語の勉強になるポップスではビートルズがよかったですが
70年代ポップスも英語はシンプルでした
カーペンターズは今でもよく聴きます

73年のビルボード全米トップは私の大好きな
「幸せの黄色いリボン」 DAWN (ドーン)
[Tie A Yellow Ribon Round The Old Oak Tree]

耳で聴くのと歌詞が上手くあわないところがあるんですが、
当時は映像カラオケではなかったので ごまかして歌ってました
最後のフレーズは上手に間をとるのがコツ
by shige_8mile | 2006-01-21 00:45 | 淳子さん

淳子さん2連発

淳子さん応援サイトでもよく話がでる九州を舞台にした

ドラマ「初恋通りゃんせ」

清潔感のあるバスガイド役が似合ってた、淳子さんは制服がよく似合う
セーラー服、ウェートレス、ナース・・・ちょっと危ないか


f0013870_0235375.jpg
by shige_8mile | 2006-01-20 00:24 | 淳子さん

再び淳子さんの巻

今日のTVはライブドア、ヒューザー一色ですが、淳子さんの思い出をまたひとつ

淳子さんが関西の田舎である和歌山まで来て頂いたのは私の記憶では2回あって、うち1回は成人式の日でした。 
半券を記念に日記に挟んでいました。
まだ関西空港もない時代によくこんな所まできてくれました、感激の1日でした。

f0013870_0162462.jpg
by shige_8mile | 2006-01-20 00:17 | 淳子さん
にしきのあきら時代にもうひとり

「燃える恋人」 本郷直樹

風貌から和製エルビスという感じで売って人気あった
NTV「てんつくてん」にも出演していたが、
坂口良子主演「アイちゃんが行く」のテーマが記憶に残る

「二人のフィーリング 」 

あなたと愛を感じていたい この命ふるわせて感じていたい ♪
Now is the love time, Now is the good time, Now is for you and me !♪ ・・・・・ だったと思う?? まさにフィーリングですが
by shige_8mile | 2006-01-19 02:29 | 歌謡曲

スター にしきの

「空に太陽がある限り」 数年前NOVAのCMで再び脚光あびました

70年代前半 芸能誌でにしきののライバルということで野村正樹が紹介されてましたが・・・さすが サンミュージック 売り方が下手だ
「一度だけなら」という地味な演歌では にしきのには勝てない

浜口庫之助の秘蔵っ子ということでした
「もう恋なのか」「熱い涙」「愛があるなら年の差なんて」「嵐の夜」・・・・連続ヒット

ただ昭和47年に西城秀樹が「恋する季節」でデビュー
にしきのは彼を意識してか絶叫したりして本来のスマートさがなくなってしまった

私的には西城秀樹のエネルギッシュな動きは新鮮だったが、
にしきのあきらの方がカッコよかった
まさにプリンスという感じで彼のファッションをいつも真似ていたように思う
昔の話だけど

f0013870_1921876.jpg

by shige_8mile | 2006-01-19 01:57 | 歌謡曲

スケープゴート

僕が嫌う言葉のひとつ
ライブドアがそうとは言わないが、
目立つ対象相手に見せしめ効果を狙うのは世の常
淳子さんの宗教問題も同じです

耐震問題
安全性と法律遵守とは別ものである
姉歯の問題は法律違反の問題で安全性を含めて議論するとややこしい
今日、建築会社の人と話した
耐震の安全性という問題を議論すると81年の建築基準法改定で出来た耐震基準以前の家屋やマンション等で今の耐震強度をクリアしないものは全国で80万件あるという
それらの住居者に移住勧告するのだろうか??
今回の問題に公的資金導入を考える北側大臣は熟考不足としか思えない
by shige_8mile | 2006-01-17 22:16